道州制推進連盟


道州制推進連盟は道州を段階的に増やしていく

地域主権型道州制を段階的に実現する

「細胞分裂型道州制」を推進しています



道州制とは?

細胞分裂型道州制とは?

なぜ細胞分裂型道州制か

第一段階

州のしくみ

第二段階

第三段階(完成)

第四段階(完成)

目次


Q&A

道州制推進連盟

お問い合わせ

プライバシー・ポリシー

旧ホームページ


新着情報/お知らせ

2016年5月 道州制推進連盟がホームページを大幅改変
関西州ねっとわーくの会が、
「日本再生8州構想」2016年5月版を作成
道州制推進連盟 平成26年度&27年度会計報告書
道州制推進連盟 平成23年度&25年度会計報告書
関西州サイバー議会
関西州ねっとわーくの会が、
「日本再生8州構想」リーフレットを2015年9月に制作
生活者主権の会・道州制実現推進委員会が、 「東西2大道州制」の小冊子を2014年4月に発行
2012年11月4日の「合同講演会」の「大統領制型東西2大道州制」の講演部分の映像を公開
生活者主権の会・道州制実現推進委員会「関西州ねっとわーくの会」が、11月4日に「合同講演会」を開催
道州制推進連盟と道州制.comが8月24日に 「合同勉強会」を開催
生活者主権の会・道州制実現推進委員会が、 「大統領制型東西2大道州制」の小冊子を2012年4月に発行
「関西州ねっとわーくの会」が2009年11月28日にスタート
道州制推進連盟では会員(無料)を募集しています

最近の注目情報バックナンバー

最近の注目情報一覧(2016年)

最近の注目情報一覧(2015年)

最近の注目情報一覧(2014年)


『道州制をひろめよう!!』
  当連盟「mixi」コミュニティ





最近の注目情報(2016年9月)


1.【論点整理・日本国憲法】
     地方自治 より広域、道州制が浮上 「改憲不要」指摘も
(2016年8月20日 毎日新聞)
 日本の地方自治は市町村と都道府県の2層制を採用しているが、憲法がこれ以外の形を
許容するかどうかという点も議論の対象になってきた。近年は、環境や地域経済など都道
府県の枠を超えた問題の増加に伴い、より広域の行政システムとして道州制が注目を集め
る。衆院憲法調査会(2000年設置)では「道州に事実上の主権を担わせることで大胆な行
政改革ができる」などの賛成意見が多かった。おおさか維新の会は憲法改正のテーマとし
て道州制を含む統治機構改革を掲げる。 
 ただ、道州制の設計は簡単ではない。おおさか維新は「道州」と「基礎自治体」の2層
制を主張するが、一方には「地方公共団体の規模が大きくなれば、住民の声が反映されに
くくなる」という慎重論がある。課税権や立法権を道州に移譲する場合、「道州議会」の
規模や権限、中央省庁再編などが課題として浮上するだろう。 

2.【施光恒の一筆両断】 「合区」が郷土愛を損なう
(2016年8月25日 産経新聞)
 さらに言えば、都道府県の枠組みをなくしてしまおうという道州制論議の危うさも指摘
できるでしょう。郷土意識の核である都道府県や市町村の枠組みを下手にいじり、行政単
位を大きくすることは、政治に対する当事者意識の低下を招き、政治的関心を喪失させる
恐れがあります。日本の民主政治の基礎を揺るがす可能性も否定できません。

3.民進代表選、3候補道内入り
(2016年9月11日 北海道新聞)
 地域主権の推進について、前原氏は民主党政権時代の地域主権改革で柱に据えた一括交
付金制度に触れ「もう一度戻すことが大事。最終的には道州制が目指すべき分権の姿だ」
と主張。

最近の注目情報の詳細はここをクリックして下さい









 道州制推進連盟

Copyright (C) 2005 www.dohshusei.org. all rights reserved.
TAPJ